医学部ランキング

2018年度入試結果からの私立医学部難易度ランキング

医学部受験DB編集部
最終更新日:2018/11/10

2018年度私立医学部入試結果の情報から倍率を求め、難易度としたランキングをつけてみました!

これから目標大学や出願先大学を決めたりするうえで基準となるデータですから、
2019年度私立医学部を受験する学生・保護者の方にはしっかり把握していただきたいと思います!

 

編集部で掲載している情報は、皆さんが見やすいように省いているところがあります。
さらに詳しい情報を知りたい、PDFデータがほしいという方は「入試速報メール」に登録してください!

難易度ランキング1位〜3位まで

東海大学と帝京大学は、受験日が数日ありますので延べ人数の受験者数(志願者数)による倍率で公表されています。単純に➗受験日数、なんて計算するわけにもいかないので、今回は除外しました。

また、公開されていない大学もいくつかあります。

ランキングをつけるにはとても難しいところなんですが、現在あるデータを基に定員倍率として編集部独自で評価しています!

※未発表大学については、公開され次第改めてランキングを行います。

 

では、いきましょう!

 

私立医学部難易度

難易度1位 「昭和大学」

Ⅰ期は、43.4倍、Ⅱ期は異常の93.3倍です。
学費も約2200万と安くとても人気の高い大学ですね。

難易度2位「金沢医科大学

新幹線が開通して首都圏と行き来がとても楽になりました。2014年頃から受験者も増えています。今年は若干減ったものの安定の3000人越え。
一般入試の定員65名と低めですが、 後期試験、AO、推薦など含めると107名の枠があります。

難易度3位「福岡大学(医)

総合大学として、とても規模の大きな大学ですね。
試験日程は他大学とかぶりもほとんどなく(例年東海大学と1日かぶり?)とても受けやすい大学でしょう。問題レベルも難しすぎず視野にいれやすい大学でしょう。

 

私立医学部入試結果まとめ

2018年度(今年)の入試結果を志願者数、出願者数、合格者数など下記表にまとめてみました。

大学名定員志願者受験者合格者実質倍率定員倍率
岩手医科903350325218617.536.2
東北医科薬科1001873167322716.816.8
自治医科123
獨協医科581828160215010.727.7
埼玉医科(前)65208019517227.130.1
埼玉医科(後)45255321284646.347.3
国際医療福祉105252924422221123.3
杏林91286727421451930.2
慶應68152513271807.419.6
順天602119204515013.734.1
昭和(Ⅰ)783490338027212.543.4
昭和(Ⅱ)20201618653849.193.3
帝京1008473769518142.677
東京医科752935261417115.334.9
慈恵1102017184516511.216.8
女子医科75137713337312.317.8
東邦1153193294411126.625.6
日医(前期)1002667254110125.225.5
日大(A)923987348317320.237.9
日大(N)105224621238.546.2
北里842644230412917.927.5
聖マリアンナ853424309513023.936.5
東海654748403712532.362.2
金沢医科65328631891102949.1
愛知医科652133200014613.730.8
藤田保健
大阪医科
関西医科
近畿651645157024112.624.2
兵庫医科80213619792029.824.8
川崎医科6014561409--23.5
久留米852061187113713.722.1
産業医科85-179610816.721.2
福岡702873260812520.937.3

まとめ

今回は「難易度ランキング」としていますが、倍率が低い=(イコール)合格難易度が低い、という解釈ではありませんのでご注意ください。

上記倍率表のPDF配布も準備しておりますので、私立医学部受験の学生、保護者の方はぜひ「入試速報メール」にご登録ください。待ってるだけで入試情報がうけとれます!

メールを受け取る